新宿・池袋にある ボイストレーニング | 個人レッスン(マンツーマン)のアルファボイスです。

blog

有名曲<アルファボイス流>ボイトレ徹底解説~1項目目~

まず、アルファボイスの大きな特徴の一つに「評価シート」というものがあります。入会されて一回目(初回)のレッスンの際に発声に関する10項目(高音、低音、音感、リズム感、呼吸、裏声の共鳴、地・裏切り替え、持久力、歌唱技術、経験)を項目ごとに測定をします。

 

 測定した結果や生徒様の目標を見て、1年後どのレベルまで向上する見込みがあるか(又はどこまで向上できれば目標に近づけるか)を予測して発声項目ごとに目標を掲げます。

 

3カ月に一度、再度測定をして3カ月前の発声からどう変わったのかを実感できたり、入会して1年後の目標に対して次はどこを伸ばすべきかも評価シートを見て講師と一緒に話し合って頂きますのでしっかり計画と目標を持ってボイトレを行うのでレッスンの楽しさが倍増するのも評価シートのいいところです!(1年間絶対通わなければならないということではないのでご安心ください。

 

 さて、このブログでは評価シートの10項目が歌にどう関係しているのかを項目ごとに解説していこうと思います。

 

 

 

今回の解説曲

 

男性曲:「奏」/スキマスイッチ

女性曲:「三日月」/絢   香

 

この2曲は生徒様の中でもかなり人気が高い曲ですが、なかなかうまく歌えないという声を多く聞きます。しかし!この2曲はポイントを一つずつ抑えていくだけで比較的すぐに歌えるようになる曲なのでオススメです!

 

 

 

【1】高音

ここで言う高音は「地声の高音」です。肝心な高音の出し方についてですが、一番効果的な発声法が実は一番単純で分かりやすかったりします。

 

方法は眉毛を上げるこれだけです。眉毛を上げることによって鼻からも空気が抜けて高い声を出すことに適した発声に切り替わります。

 

それではまず歌う前に眉毛を上げてみましょう。練習の方法は簡単、鏡を見てください。ただ、首回りも見えてほしいので手鏡よりは少し大きめのサイズがやりやすいです。鏡を見ながらまずは眉毛が上がるか試してみましょう。いかがでしょうか?上がりましたか?難しく感じた方は驚いた表情をしてみてください。それでも上がらなかったら写真を笑顔でとる時の表情や少し薄目でも挑戦してください。上がった方は次に進みます。

 

次は眉毛を上げるタイミングで声を出してみます。「ま」で発声してみましょう。声を出す音程は少し高めの方が望ましいですが今は眉毛をタイミング良くあげられているかに集中して練習してみましょう。

 

タイミング良く眉毛を上げれたら次は歌う時と同じくらい息の量(少し思い切って)で声を出しながら眉毛をあげていきましょう。何度か「まっ」「まっ」と細かく発声した後に「まー」と長めに声を出してみましょう。(その時も眉毛は上げっぱなしです。)もし手元にピアノがある方は 男性:ミ~ソあたり(思っているより高め) 女性:ソ~シあたりで練習してみてください。

 

ある程度基礎練習を行ったら次はお待ちかね、曲で応用してみましょう!

 

課題曲のサビで今回やった眉毛を使っていきます。

 

「奏」(きみが~おと~なに~なっ~てくこの~せ~つが~)

 「三日月」(き~み~が~いないよる~だって~so no more cry~もうなか~な~いよ~)

 

両方(きみが)始まりだったことは置いといてこの部分で解説します…笑

 

赤文字で記入した部分で眉毛をあげてみましょう。2曲とも裏声がありますが今回は地声だけに集中してクリアできるように心がけてください。どちらかというと「三日月」の方がわかりやすいです。眉毛を上げるポイントを覚えたら鏡で自分の眉毛を確認しながら歌ってみましょう。

 

そのときに下記ポイントを注意してください。

・眉毛と一緒にアゴまで上がっていないか

・首の横の筋肉がもりもり筋張っていないか

・裏声を使っていないか(裏声は別で行うので赤文字は全部地声で歌ってみましょう。

 

しっかりやり方が合っている方はこの時点で実感ができていると思います。

歌が苦手と言われる方のほとんどの原因が高い声が出せなくて歌える曲がないという方なのでこの「高音」は確実に抑えて頂きたいポイントです!

 

全文はこちら

https://www.alpha-voice.co.jp/commentary/

  

30分無料体験レッスン受付中! 30分でも、確実に歌が上手くなる喜びを実感頂けます。 お申込みはこちらから

Instagram