新宿にある ボイストレーニング | 個人レッスン(マンツーマン)のアルファボイスです。

blog

トリル

トリルは歌唱技術の一つですが
R&BやSoulシンガーがフレーズの最後にフェイクっぽくリズミカルに音を動かしているのを聴いた事があると思います。
 
最近だと日本でもたくさんのアーティストがトリルを取り入れて歌われています。
 
昔はR&BやSoul musicのアーティストがやっているイメージでしたが
海外だとPopsの世界でもトリルをジャンジャン入れて歌われています。
 
ホイットニーの代表曲、映画ボディガードといえば
『I will always love you』
 
サビの「And Iーーーーー」が印象的ですね(^^)
 
こちらの曲は歌い出しからトリルの連発です。
トリルにもパターンがいくつかあるのですが、音の組み合わせが
3つ・4つ・5つ・6つなど様々あり、+リズムの動きも様々です。
 
音感・リズム感が完璧な方はイメージでトリルが出来ちゃいますが
適当になんとなーくやってしまうと、曖昧な音に着地しがちで
なんちゃって感が出てしまいます。
 
トリルの音がどこの音を通って階段のように降りているのか
一音ずつ確認する必要があります。
 
トリルもメロディと一緒だと思ってくださいね。
音の組み合わせも3度だったり、途中から4度に降りたり。
 
例えば3つの音を使ったトリルだったら、3つの音全てゆっくり辿ってみるといいですよ。
ゆっくり確実にトリルを繰り返し練習して、音の動きに慣れてきたら
徐々にテンポアップしていきましょう♪
最終的には曲のテンポでできるように、トリルをしつこいくらい繰り返し練習をして
パターンを体に覚え込ませていければ、あとはイメージでトリルができるようになってきます。
 
トリルの音が多いほど1音ずつ辿っているうちに迷子になる事もありますが笑
この迷子になる感覚は、今までの自分の中にない音やリズムの組み合わせで
ただ単に免疫がないだけです(^^)
 
なので繰り返し音慣れしていく必要があります!
 
そして、なんとなく出来てしまう方もこれを機に、完璧なトリルをマスターできるように繰り返し練習してみてくださいね🎵
 

ホイッスルボイス

ホイッスルボイスといえば、やっぱりマライア・キャリー!!
 
他にも数名いらっしゃいますが、真っ先にパッと浮かぶのはマライアなので
(私のアイドルってこともありますが笑)今日は彼女のホイッスルボイスについて
お話していきたいと思います。
 
ホイッスルボイス=笛のような音、ヤカンが沸騰した時のような音です。
ボイスというか、もはや音です(^^)
 
この声は残念ながら、みんながみんな出せるわけではありません。
練習を積み重ねて確実に出せるようになる方もいらっしゃいますし
マライアのように最初から出せちゃう方もたまにいらっしゃいます
 
当時のマライアは7オクターブの声域を持つと言われていましたが
このホイッスルボイスはグランドピアノの鍵盤の右端側の音になります。
実際は5オクターブの位置の音域になりますが、彼女はバリトン並に低い音域から声が出せてしまうので、7オクターブという表現になっています。
 
ホイッスルもそうですがバリトン並みの低音も女性では普通に出そうとしても絶対出ない声域です。
素晴らしい、本当にアメージングです笑
 
マライアはこのホイッスルボイスを曲に上手く取り入れて歌われています。
代表曲だと『Emotions』!!
私の大大大好きな曲です♪
 
一気に2オクターブ以上音が移動しまくる曲です。
1オクターブ移動する曲も難しいですが、マライアは自由自在に低音から超高音域へ移動するテクニックが素晴らしいです!
 
このEmotionsは5オクターブちょいの音域を使っています
1曲の中でどんだけ音域をつかうんだ!と驚きますよね。
歌い終わった後は腹筋背筋がバキバキになっているイメージですね
 
まさに奇跡の歌姫です✨
とくにEmotionsはホイッスルボイスがたくさん出てくるの
是非どんなもんか一度聴いてみてください♪
 

ウィスパーボイス

ウィスパーボイスは吐息混じりのようなささやき声のような発声方法です。
日本だと玉置浩二さんやEXILEやChara、最近だとAimerもウィスパーボイスを混ぜて歌っていたりします。
 
今年のグラミー賞主要4部門を受賞したBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)もほぼウィスパーボイスで歌っています。
どことなくけだるさがあるソフトな声で雰囲気がありますよね。
声を重ねて厚みを出したり、息づかいやハーモニーが独特でビリーワールド全開です♪
 
代表的な方で例えるとマライア、ホイットニー、ビヨンセ、ガガ、アギレラも
ウィスパーボイスを上手く曲に取り入れて、一曲の中で色んな声を使って表現される事が多いです。
 
よくあるのが1番のサビの高音部分はウィスパー気味に歌って
2番以降からウィスパー・ミックス・ベルティング・ヘッドを混ぜて歌って
Cメロ以降からベルティング・シャウトを上手く織り交ぜて歌う
後半にかけてどんどんダイナミックになっていく展開で
ラストの1フレーズでウィスパーに戻る、みたいな
歌い上げ系アーティストの表現方法は1曲中で様々な歌唱技術が炸裂しています笑
 
ビリーアイリッシュはグラミー賞主要4部門独占を女性で史上最年少の18才で叶えてしまうという素晴らしい才能ですが、
お兄さんのフィアネスと一緒に曲作りを行なっています。
このアルバムは実家のベッドルームで二人で曲作りをしていたそう
だからアルバムジャケットがベッドなんだって思いました😄
 
『bad guy』という曲は日本のドラマのテーマソングでも使われていたので
誰もが聴いた事があると思います。
 
ベッドルームから世界中へ!と思うと夢がありますよね。
確か宇多田ヒカルさんも昔は布団をかぶりながら曲作りをしていたと言っていました(^^)
 
ベッドルームはリラックスできる場所ということもあり、インスピレーションが湧いたり自分の世界観の中で曲作りができるのかもしれませんね。
 
ウィスパーボイスを出すには肺活量が必要になっていきます。
そしてここでも鼻腔共鳴も必要とされます。
しっかりと鼻腔に響く声をベースに息を少しずつ混ぜていく感じなんですが
男性なら玉置浩二さんを、女性ならCharaさんをイメージして練習してみてください(^^)
 

シャウト

シャウト=叫び声ですが、実際は叫んでいるというより、叫んでいるような力強い声もしくは歪みのある声のイメージです。
 
ロックやヘビメタバンドなど、特に男性ボーカリストのイメージがあると思います。
あとはB’zの稲葉さんを思い出す方も多いと思います!
 
この叫んだような声をシャウトまたはスクリームとも言います。
 
私が1990年代〜2000年代によく聴いていたシャウトがカッコいいロックバンドがあります。
Korn(コーン)、SlipKnot(スリップノット)、LINIKIN PARK(リンキンパーク)。
この3バンドのボーカルのシャウトは最高にカッコ良く、しかもそれぞれのカラーがあります。
 
Kornのジョナサンはデスボイスもよく使いますが、ふにゃっとした声から急に力強いシャウトに切り替えたり、
ずーっと犬のように唸っている曲もあったりと、絶対マネできないです笑
声を楽器として表現しているイメージが近い方ですが、ロックという枠だけに囚われず曲によってHipHopの要素も入っていたり、
このバンドがミクスチャーというジャンルを生み出した感じですね。リンキンパークの世代がKornの影響を受けています。
こんなゴリゴリロックなのにバグパイプを演奏する曲もあります(^ ^)
 
今は亡きリンキンのチェスターは高音域のシャウトが非常に素晴らしいです。
特にハイトーンのシャウトをロングトーンしちゃう曲もあって迫力がすごいんです。鳥肌ものですね。
当時から既にリンキンはエモいって表現を使われていました笑
ラップから力強いボーカルに切り替わる瞬間もエモいですよ^_^
 
SlipKnotのコリィは歌唱力がズバ抜けています。
そしてバンドメンバー全員怖いマスクをかぶっているので、子供は泣くと思います笑
コリィはStone Sourというバンドのボーカルもやっているのでここでは顔を出していますが、SlipKnotではマクスの中で全力で歌っています。
シャウトもデスボイスもベルティングも力強くてカッコ良い声です
いつも叫んでるイメージですが(笑)バラードを歌わせたらめちゃくちゃいい声で歌うし上手いんですよ
 
この流れでシャウトの出し方のコツをお伝えしようと思ったのです
誤解を招く表現で喉を痛めてしまうと危険なので、心得だけお伝えしておきます笑
 
発声の土台作りがしっかりできるようになっていないとこの声を出すコツを掴むのは非常に難しいです。
仮声帯を使った歪みの音を入れるテクニックもあるのですが、なんだそれ?って思いますよね笑
歌を極めていく中で自然とシャウトを出したいと思った瞬間、部分的に出せちゃうこともあったりします(^^)
自分で探りながら喉が痛くならない出し方で練習できるとベストですね。
 
まずは自分が思うカッコいいシャウトをたくさん聴いてみてください♪
 
 

ヘッドボイス

ヘッドボイスとは名のとおり、頭声です。
頭に響く裏声ですが、主にオペラなど声楽で使われる発声法です。
 
このヘッドボイスはファルセットのような息が混じりがちな裏声よりも
息漏れのないピーーンと響く、まさに頭の真上から通り抜けていくような声です。
 
天使のようなイメージですかね笑
 
ポップスの世界でもこのヘッドボイスを主に使っているアーティストがおります。
ちょっとクラシック寄りではありますが、アイルランド 出身のグループCeltic Womanです。
『You Raise Me Up』は荒川静香さんのイナバウアーでも有名な曲なので皆さん一度は聴いたことがあると思います。
 
芯のある伸びやかな高音が印象的ですが、Sam SmithやAriana Grandeも高音域で
ヘッドボイスに切り替えて歌うことがあります。
 
クラシックの世界ではヘッドボイス一色で歌を表現しますが
ポップスの世界では色んな声を使えるので、部分的にヘッドボイスで歌ってみたり
どんどん取り入れてみてください♪
 
まずは「う」で高音の裏声を出しながら、眉毛を上げて鼻腔を広げるイメージを持ってください。
頭の方に声がガンガン響くように、余分な息が逃げないよう響きをギューっと集めるイメージです。
 
結構響くのでご近所迷惑にならないよう注意してくださいね笑
 
色んな声が出せるようになれば、一曲の中で色んな表現ができるようになります。
 
そしてこのヘッドボイスの息漏れのない声の出し方が、少しミックスボイスの響きに近いものがあります。
ヘッド寄りな響きのミックスから徐々に地声寄りのミックスを出す感覚が掴めてくる場合もあります!
コントロールして出せるようになってくると、歌がもっともっと楽しく感じますよ♪
 
声にはたくさんの出し方、種類があるので一つ一つしっかり出せるようになって
歌唱技術のテクニックを身につけていきましょう😃
 
 
30分無料体験レッスン受付中! 30分でも、確実に歌が上手くなる喜びを実感頂けます。 お申込みはこちらから

Instagram