新宿にある ボイストレーニング | 個人レッスン(マンツーマン)のアルファボイスです。

blog

リズム〜16ブ〜

こんにちは(^^)

今日は16分リズムのとり方についてお話します。

以前、【リズム〜8裏〜】ブログで8分(ブ)の練習方法をお伝えしました。

★4分音符
|*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー|
(1   2   3   4   )

★8分音符
|*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー|
(1  エン  2 エン  3  エン  4  エン  )

8分は1拍の中に2つのリズム(数字&エン)ありますよね?
16分(ブ)はこの倍になるので、1拍の中に4つのリズムが入ることになります。
カウントの仕方は、エンの代わりに「イエダ」を入れてあげましょう♪
すると、こうなります。

★16分音符
|****************|
(1イエダ2イエダ3イエダ4イエダ)

ここまで細かくなると数字の読みが長すぎてしまうので、
(ワイエダ ツイエダ スイエダ フォイエダ)で大丈夫です。

ポイントは、一文字一文字をタイトに細かく発音することです!
ワッイッエッダッツッイッエッダッスッイッエッダッフォッイッエッダ という感じです。

こちらも最初はメトロノームのテンポ60くらいから始めると良いと思います。
16分の設定があればそちらを使って、ない場合はテンポ240にして一つの音に対して一文字入れてあげるとテンポ60と同じになりますよ(^^)

テンポよく発声してリズムがとれるようになったら、どんどん速くしてみましょう!
メトロノームでできるようになったら、曲を流しながら16分をカウントしてみます。

例えば、AIの『Story』やCarpentersの『I Need To Be In Love』はテンポもゆっくりですし16分がとりやすいと思います。
上級編だと、あいみょんの『マリーゴールド』やジャクソン5の『I Want You Back』で練習するのも良いですね♪

細かいリズムがとれるようになると、ノリが出てくるので歌い方も変わってきますよ!!!
是非試してみてください\( ˆoˆ )/

では!

 

 
 
 

リズム〜8裏②〜

こんにちは(^^)

前回、自宅で出来る8裏のリズムトレーニングについてお話したので、さらにレベルアップしたトレーニングを紹介します。
(※リズム〜8裏〜のブログ参照)

リズムに合わせて膝を曲げ伸ばしをし、膝が伸びきった時に手を叩けるようになったら…!

次はカウントをとってみます。

【8分】
|*ー・ー*ー・ー*ー・ー*ー・ー|
|1  エン  2 エン  3  エン  4  エン |

「*」印(メトロノームの音)で膝を曲げるときに、数字(ワン、ツー、スリー、フォー)を、
「・」印で手を叩くときに、エンと言います。

『ワン エン ツー エン スリー エン フォー エン』
をメトロノームのテンポに合わせて一定のリズムで動かします。

8裏のリズム(エンの部分)がバラバラになってしまう方はメトロノームのテンポを倍(♩=60→♩=120)にして、エンの部分にもカウントが入るようにするとリズムよく動けると思いますよ♪

さらにレベルアップを目指す方へ!!

上記までをスムーズにできるようになったら、曲に合わせて8裏リズムでカウントしつつ手を叩いてみましょう!
最初はゆっくりめの曲をオススメします。
(変拍子だと合わなくなるので注意!)

例えば、坂本九さんの「上を向いて歩こう」は比較的ゆっくりですし、8裏のリズムも分かりやすいですね。

もう少し速いリズムで練習したい場合は、
アデルの「Rolling in the Deep」もオススメです。
02:30〜、ちょうど8裏リズムでクラップが入ってるのでこれに合わせてチャレンジしてみるのも良いですね(^^)

感覚が掴めた方は、ご自身の好きな曲で練習してみて下さい♪

 

では!

 

リズム〜8裏〜

こんにちは(^^)

今日は一人で出来るリズムトレーニングを紹介します。

一定のリズムがキープできるメトロノームがあると便利です!
携帯アプリでも無料でとれるので是非探してみてください。

まずは基本の4分(ブ)から。
メトロノームのテンポを60くらいから始めてみましょう。
最初にこの音に合わせて手を叩きます。
一定のリズムで手を叩けたら、次はメトロノームの音と手拍子に合わせて、膝を軽く曲げてみます。上下運動はスピードを一定にするのがポイントです。

【4分】
|*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー|

「*」がメトロノームの位置だとすると、手や膝も同じところでリズムをとっているはずです。

これが出来たら、次は8分(ブ)です。
4分で曲げた膝が伸びきるタイミングを意識します。
8分は、4分の倍リズムが細かくなります。

【8分】
|*ー・ー*ー・ー*ー・ー*ー・ー|

「*」を曲げのタイミング、「・」を伸びのタイミングに合わせます。
メトロノームで8分の設定がない場合は、テンポを120にしてみましょう!
そうすると、さっきのリズムをキープしたまま裏にもカウントが入ります。

リズムに合わせて膝を曲げ伸ばしできるようになったら、次は膝が伸びきった時に手を叩いてみます。
先程叩いたのは曲げたタイミングで、次はその反対のタイミングになるので、これを8裏のリズムと呼んだりします。

テンポ良くリズムが取れるようになったら、徐々にテンポを上げてみて下さいね(^^)♪

8裏リズムがスムーズにとれると歌も安定するので、是非自宅でも練習しましょう!!

では!

私の好きな曲

こんにちは(^^)
今日は私の好きな曲を紹介します♪
 
私は10年くらい前からシンガーソングライターの高橋優さんが大好きです。
 
何の曲がオススメ?とよく言われるのですが、実際は選びきれない程好きな曲が多いです(笑)
特にデビュー前やデビューして最初の頃の歌は、「これは歌詞にして大丈夫なのかな…?」と思うくらい自分の考えや思ったことを赤裸々に告白していて、綺麗事だけじゃなく人間味が溢れているところも好きでよく聴くようになりました。
ただその辺は少し刺激が強めなので、今日は心がほっこりする温かい曲を紹介しますね(笑)
 
高橋優さんの「BEAUTIFUL」という曲です。
2015年〜2020年の3月までの5年間、関ジャニ∞の大倉さんと2人でラジオを行なっていたのですが、その大倉さんへ贈った曲と言われています。
 
何があったのか分かりませんが、どこかしんどそうなのに気丈に振る舞う相手に対して、1人じゃないよと優しく見守る曲です。
 
「君は美しい」と何度も出てくるのですが、見た目の話ではなくその人自身、そしてその人の生き方の事を言っていて、「良い悪い、正しい正しくない」ではなく「美しい」と表現するところが素敵だなぁと思いました。
 
私は聴くたびに涙が流れます。。
是非聴いてみて下さい(^^)♪
 
 
では!

なんか難しいマリーゴールド!

今日は生徒さんからも人気のある、あいみょんさんの『マリーゴールド』について。

この曲をカラオケで歌おうとしても、なんか難しい。。なんか言葉が合わない。。という方、多いと思います。
この曲は、一番高い音が「シ」で女性にとってはそこまで高くないので、高い声が出しにくい方でも歌いやすい曲のはずです。

では、何で歌いにくいのでしょう…?!
この曲で難しいのは高さではなく、リズムなんです!!!!
16分(ブ)というリズムでメロディが進んでいるので、思ってる以上に細かいリズムを意識しないと上手く歌えません。

「ー」を伸ばし棒、「*」を言葉を乗せるリズムとして考えます。

4分音符
|*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー|

8分音符
|*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー|

16分音符
|****************|

曲の中でよく使われるメロディの音符は、この3パターンが多いです。

4分音符が多い曲だと、比較的言葉数も少なくリズムも大きいので歌いやすいです。
なので、童謡に多く使われています。
「キラキラ星」も基本4分音符に歌詞が乗っています。
しかし16分音符が多い曲だと、その分言葉数も多いですしリズムも細かく動くため、難易度が高くなってきます。

マリーゴールドがこれです!!
歌い出しからいきなり16分がたくさん出てくるので、まずは16分のリズムを身体に覚えさせてからの方が上手く歌いこなせると思いますよ(^^)

16分リズムについてはまた今度…!
では★

30分無料体験レッスン受付中! 30分でも、確実に歌が上手くなる喜びを実感頂けます。 お申込みはこちらから

Instagram