新宿にある ボイストレーニング | 個人レッスン(マンツーマン)のアルファボイスです。

blog

私の好きな曲、その⑤

こんにちは(^^)
 
今回も私の好きな洋楽を紹介しますね♪
 
ジャネット・ジャクソンの『Every Time』です。
ジャネット・ジャクソンは、ご存知マイケル・ジャクソンの妹で、歌手であり女優でもあります。
後から知ったのですが、結婚式でもよく使われているそうですね(^^)
 
これは、前回紹介したベット・ミドラーの『The Rose』と同じで、初めて聴いた時から優しいメロディと温かい歌声、そして楽器の音色に魅かれました。
 
まずイントロのピアノですが、これは何のピアノを使ってるんだろう…?
ピアノには詳しくありませんが、この音色がたまらなく好きです!
知ってる人がいたら教えて下さい(笑)
 
ピアノに続いてジャネットのスキャットが入り、あのキレイな声で歌が始まります。
歌詞もまた良いのです。まさに恋愛バラードで、結婚式に使われるのも分かります。
 
2番サビの途中やラストサビの最後にため息が入るのですが、それも感情が込められていてグッとくるんです。。
でもマイナスなため息ではなく、私には覚悟を決めたため息に聞こえるんですよね。
「よし、この人と歩んでいくぞ!」的な。
最後に転調して、さらに曲が盛り上がり広がる感じも大好きです!
 
 
けっこう色んなジャンルが好きなのですが、特にこうゆう優しいバラードソングが多い気がします(^^)
皆さんもぜひ聴いてみてください!
 
 
では!
 

私の好きな曲、その④〜変拍子〜

こんにちは(^^)
 
前回、【私の好きな曲、その③〜変拍子〜】でハートのBarracudaを紹介したのですが、その流れでもう一曲 変拍子を紹介します。
 
私がJazzで好きな曲は、『Take Five』です。
 
以下、Wikipediaより
「”テイク・ファイブ“はポール・デスモンドが作曲し、デイヴ・ブルーベック・カルテットの1959年のアルバム『タイム・アウト英語版』に収録されたジャズ曲である。曲名の由来にもなった、珍しい5/4拍子の使用で有名である。」
 
 
 
 
だそうです。
 
前回紹介したBarracudaは基本4拍子で、一部だけ5拍子や3拍子に変わるパターンでしたが、Take Fiveはずっと5拍子です。
 
私が好きになった理由は、この変拍子がやけにクセになる!というのもありますし、Jazzなので弾く人によって全然違う顔を見せてくれます。
 
一時期、ジャズバーに遊びに行ったり歌でセッションさせて頂いたりしていたのですが、ジャズピアニストの演奏を聴くのが好きでした。
ジャズじゃない曲をジャズ調にアレンジして演奏したり、同じジャズの曲でもピアニストによって全然変わってくるのがすごく面白いと感じました。
 
中でも私はTake Fiveが大好きで、リクエストを聞かれたらこの曲をリクエストしてました。その日のピアニストさんはどんなTake Fiveを弾くのかワクワクでした♪
Take Fiveに限らず、アレンジ自由なジャズにはそうゆう面白さもありますよね(^^)
 
是非、YouTube等で色んなTake Fiveを聴いてみてください♪
変拍子なので、リズムとるときは1.2.3.4.5、または1.2.3.1.2でカウントしてみて下さいね!
 
 
では!

私の好きな曲、その③〜変拍子〜

こんにちは(^^)
 
今日は私の好きな洋楽を紹介します!
前回はベット・ミドラーの『The Rose』を紹介したので、今日は激しめのロックを!
 
ハートの『Barracuda』は聴いたことありますか?
 
 
HEARTは70年代にデビューしたアメリカ出身のロックバンドで、2人の姉妹(Vo. Gt.)を中心に結成されました。
ハートの4枚目のシングルがBarracudaです!
ギターのリフから始まり、アンのハスキーボイスがガツン!と抜けてきます。
曲がカッコいいというのもあるのですが、私の好きなところはたまに変拍子になるところです。
 
 
変拍子とは…?
簡単に言うと、一般的ではないリズムの取り方をすることです。
ちょっとリズムが取りにくかったり、途中でリズムが「あれ?」ってなったら変拍子です(笑)
Barracudaも途中で「あれ?」となるので是非聴いてみて下さい。
 
 
最初に変拍子が出てくるのは、歌が始まってから4小節目!(I had to turn my heart away〜のところ)
今までは4拍子(1.2.3.4)で流れていたのが、5小節目に入るときに「あれ?」となりませんか?これは、4小節目が4拍子じゃないからです。
4小節目は、5拍子(1.2.3.4.5)または3拍子+2拍子(1.2.3.1.2)で数えてみて下さい。
そうすると、スムーズに5小節目に移れます。
また同じメロディがきますが、ここも同様です。
 
そしてもう一つ!
後半にギターソロが入る間奏がくるのですが、ここも変拍子です。
 
まずはギターソロが入る直前。
Silly, silly fools〜の後、ここは一度3拍子(1.2.3)を挟んでギターソロに入ります。
 
それから、ギターソロの6小節目。
イントロと同じリフが入ってくる部分です。
ここは5小節目まで4拍子で数えて、6小節目は3拍子で数えてみて下さい。(1.2.3.4.1.2.3)
そうするとスムーズに7小節目に移れます。
このリズムはアウトロにも出てくるのでチェックしてみて下さいね(^^)
 
 
このような変拍子トラップが入ってくると、初めて聴く曲だとちょっとリズムが取りにくいのですが、何度も聴いてるとこのトラップがカッコよく気持ちよく感じてきます♪
最近仕事でこの曲を歌う機会が多いのですが、バンドとピッタリ合うととても気持ちが良いです\( ˆoˆ )/
 
変拍子に注目しながら、是非聴いてみてください♪
 
では!

私の思い出の曲、その①

こんにちは(^^)
 
今日は私の思い出の曲についてお話します♪
 
私の思い出の邦楽は、
Superflyの『愛をこめて花束を』です。
これはもう有名ですよね♪
TBSのドラマ『エジソンの母』のエンディングにも使われたのですが、時期はちょうど私が大学1年生の終わり頃でした。(年齢がバレますね笑)
 
私は大学で軽音楽サークルに入りバンドボーカルをしていたのですが、二年生の学園祭でこの曲を歌わせていただきました。
普段のライブでは、お客さんはサークルメンバーや知り合いが多く内輪でやっているライブ…という感覚だったのですが、学園祭ではステージが外にあるので大勢の知らない人の前で演奏することが出来ます。
 
そのステージでカバーしたのがSuperflyさんでした。
 
◉Hi-Five
◉マニフェスト
◉愛と感謝
◉愛をこめて花束を
◉ハロー・ハロー
(確かこの5曲だったと思います…)
 
約30分という短い時間でしたが、初めての外のステージだったので気分は夏フェスでした(笑)
そこで『愛をこめて花束を』を歌い始めた瞬間、沢山の人が足を止めて私たちの演奏を聴いてくれました。有名な曲だったこともありますが、徐々に人が集まってくるのがステージ上から見えて、歌いながらめちゃくちゃテンション上がったのを今でも覚えています(笑)最高でした!!
 
その後、某オーディション番組で歌わせて頂いたのもこの曲でした。
結果は最終審査で落ちちゃいましたが、そこまでいけた事が私にとって良い思い出です(^^)
 
 
皆さんにとって思い出の曲は何ですか?
昔好きだった曲、よく聴いてた曲を振り返ってみると当時の思い出が蘇っちゃいますね♪
また他の曲も紹介します。
 
では!
 

私の好きな曲、その②

 
こんにちは(^^)
 
 
前回私の好きな洋楽を紹介したので、今日は邦楽を紹介します。
 
もちろん邦楽もたくさん好きな曲がありますが、私のオススメはEvery Little Thingの『鮮やかなもの』です。
これは、2001年に発売されたアルバム『4 FORCE』に収録されてます。
 
何が良いかって、ストレートで分かりやすいんだけど前後のストーリーも垣間見える切ない歌詞ですね。もちろんメロディも好きですが。
 
一言でいうと失恋した男性目線の曲なのですが、別れるまでの過程・彼や彼女の人柄・その先の少し前向きな考え方などなど…
この少ない一曲の歌詞から物語が見受けられてグッときてしまうのです!!(泣)←
 
では、私なりの勝手な解説をしますね(笑)
 
 
まず1番のAメロ。
 
『優柔不断の君が
ようやく決めたことだからきっと
いっぱい悩んだのだろう
いっぱい考えたのだろう』
 
もうここで泣けます(笑)
別れを切り出されたけど自分は別れたくない!でも、優柔不断な彼女がようやく決めたんだから、もう決意は固まってるってことだよね…?受け止めるしかないんだよね…?
というニュアンスが詰まってて、引き留めることすらできない切なさが伝わります。
(あくまで私の解釈です笑)
 
 
そしてサビです。
 
『こんな風な終わり方じゃ
いたたまれやしないけど
それ以上に僕は
君のことが好きだからこそ
笑って手を振るよ
君が悲しまないように』
 
 
それ以上に好きにさせる彼女は、きっと性格が良いはず!!!だからこそいっぱい悩んだんだね!!(泣)
彼女が悲しまないように涙こらえて手を振った彼にもスタンディングオベーション!!!
 
 
そして月日が流れ、2番サビへ。
 
『今になって思い出せば
あの頃の僕たちが過ごした時間は
決して無駄ではなかった』
 
本当にその通りだと思います!!
過去の経験があって今の自分がいるのです!!←
(過去は美化されやすいので注意)
 
 
『そして僕は君と同じ
この青空を眺め
これからも歩いてゆけると思うよ
限りないその鮮やかなもの
この胸に抱いて
ずっと』
 
まだ吹っ切れてなくてちょっと女々しいけど、前向きに歩き出しました!!良かった!!!!
 
 
ざっくりですがこんな感じです。
この切ない歌詞が優しいメロディと優しい歌声にのってとても温かい曲に仕上がってます。
 
大学生のとき、大好きだった彼にフラれたときに何度もリピートして聴いてました(笑)
 
是非みなさんも聴いてみて下さい(^^)♪
 
ではー!
 
 
30分無料体験レッスン受付中! 30分でも、確実に歌が上手くなる喜びを実感頂けます。 お申込みはこちらから

Instagram